アート&カルチャー

第216回 皇居三の丸尚蔵館
The Museum of the Imperial Collections,Sannomaru Shozokan
東京都千代田区 皇居東御苑内


三寒四温をとりわけ実感する頃となりました。

春の日差しに恵まれる日にはおでかけしたい方も多いことでしょう。

そんな方にはアクセスの良い緑豊かなミュージアムがおすすめです。

そこで、今回は皇室ゆかりの美術工芸品と美しい景観が楽しめる「皇居三の丸尚蔵館」をご紹介しましょう。

「皇居三の丸尚蔵館」は東京都千代田区の皇居東御苑内に位置する国立文化財機構が運営する博物館です。

その前身は、昭和天皇が崩御された1989年(平成元年)6月、ご遺族の上皇陛下と香淳皇后から寄贈され国庫に帰属した美術品を保存、 研究、公開するための施設として、宮内庁所管の博物館として皇居東御苑内に建設され、 1993年(平成5年)11月3日に開館し、30周年を迎えた「三の丸尚蔵館」です。

この「三の丸尚蔵館」は、開館以降も皇族からの寄贈により収蔵品が増加、入館者も増加傾向にあったため令和元年より 新たな施設建設が進められ、一期棟が完成し、2023年10月より管理・運営が宮内庁から独立行政法人国立文化財機構に移管され、 正式名称はあらたに「皇居三の丸尚蔵館」となりました。

装いもあらたに開館を祝して開催中の皇居三の丸尚蔵館開館記念展が 「皇室のみやび―受け継ぐ美―」。(2023年11月3日〜2024年6月23日)

約8か月に亘って開催される「皇室のみやび」をテーマに皇居三の丸尚蔵館の代表的な収蔵品を以下のように4期に分けて 展示する展覧会です。

第1期:「三の丸尚蔵館の国宝」(2023年11月3日〜12月24日)、第2期:「近代皇室を彩る技と美」(2024年1月4日〜3月3日)、 第3期:「近世の御所を飾った品々」(2024年3月12日〜5月12日)、第4期:「三の丸尚蔵館の名品」(2024年5月21日〜6月23日)

美術館へのアクセスは地下鉄各沿線の大手町駅(C13a出口)から大手門を経て徒歩約5分が便利です。。

大手門手前のアプローチでセキュリティチェックを受け、さらに進むと建設途中の建物が見えてきます。こちらが「皇居三の丸尚蔵館」。

こちらの美術館は日時指定予約制なので、予約時間前には行列ができているかもしれません。

美術館入口でチケット確認があり、その後は自由に鑑賞できます。

展示室は大きく2部屋で構成されています。

筆者は第2期「近代皇室を彩る技と美」の後期展示を鑑賞することができました。

展示室では横山大観の富士山を描いた大作や川合玉堂の屏風の大作《昭和度悠紀地方風俗歌屏風》(第2期後期展示)が並び。 現存していない明治宮殿を飾った大花瓶、《七宝藍地花鳥図花瓶》(第2期前後期)なども展示されていました。

第2期は2024年3月3日までで、3月12日から5月12日は近世の御所を飾った品々と題し第3期が始まります。 その後は2024年5月21日三の丸尚蔵館の名品をテーマに4期と続きます。

三の丸尚蔵館の収蔵する国宝なども登場しますので、内容をチェックして来館されてみてはいかがでしょう。

桜の季節にあわせてお出かけになるのもいいかもしれません。

お出かけの際は事前の日時指定予約をお忘れなく!







【赤ちゃん連れのお母(父)様へ】
・「皇居三の丸尚蔵館」はベビーカーで入館できます。



このコーナーでは、お子様連れで楽しめる皆さまお気に入りの ミュージアム情報を募集しています。 お問い合わせフォームから、是非お寄せください。
また、このコーナーへのご意見・ご感想もお気軽にお寄せください。 お待ちしております。





皇居東御苑 エントランス 大手門


皇居東御苑 大手門の高麗門と渡櫓門


皇居三の丸尚蔵館


「皇室のみやび―受け継ぐ美―」展チラシ


「皇室のみやび―受け継ぐ美―」展 会場風景 《熊坂長範》森川杜園 明治26年(1893)


「皇室のみやび―受け継ぐ美―」展 会場風景


「皇室のみやび―受け継ぐ美―」展 会場風景



施設情報

皇居三の丸尚蔵館

住所:東京都千代田区千代田1-1 皇居東御苑内

TEL: 075-561-3585
開館時間:9:30 〜 17:00 ※最終入館は16:30まで
休館日:月曜日(ただし月曜が祝日または休日の場合は開館し、翌平日休館)
年末年始、天皇誕生日および展示替期間
※その他諸事情により臨時に休館する場合があります。

観覧料:一般1,000円/大学生500円/高校生以下および満18歳未満、
満70歳以上の方無料
*要日時指定予約* ご入館の際に年齢が確認できる証明書
(生徒手帳、運転免許証、マイナンバーカードなど)要提示
障がい者手帳をお持ちの方、およびその介護者各1名無料 ご入館の際に障がい者手帳等をご提示ください。
※上記入館料で、館内で同時開催中の展示をご覧いただけます。


詳しくは直接お問い合わせいただくか
皇居三の尚蔵館をご覧ください。

ダウンロード不可
禁無断転載