特集:「My favorite parks 」

【37】私の好きな公園で出会った花たち (その3)

風薫る5月がやってきましたが相変わらずのコロナ禍が続いています。

春を満喫する楽しい大型連休突入というのに毎日のニュースに一喜一憂.。

でも、ここ数日ちょっと明るいニュースも聞かれ、「明けない夜はない!」 そんな希望も現実として見えてきました。頑張りましょう。

今回はイギリスと東京(我が家)の花たちをご覧ください。

◆イギリス
イギリスにはあちこちに公共公園や貴族の庭園が点在し、庭園案内の小冊子を片手に歩き回りましたが、いくら時間があっても足りません。 ドライな気候が花を長持ちさせるようです。












◆我が家の花たち
小さな庭ですが多年草と一年草をまぜこぜに植えてあります。 垣根とベランダ一面に咲く白と黄のモッコウバラが今まっさっかり。 10月から大好きなパンジーが咲き出し、次年の3月から5月が私の庭の最盛期です。






















 

プロフィール画像

[ 作者プロフィール ]

Caco
ガーデニング・
プランナー

農学部卒業後、ご主人と造園設計事務所を開所。現在に至る。

趣味:旅行、ガーデニング、テニス、絵本

トップページの「プロムナード」と「一鉢から始めるガーデニング」、新連載「私の好きな手仕事」は、ケータイ・サプリwebマガジンのための書き下ろしです。
使用されている全ての写真およびイラストの著作権は全て相馬和子さんにあります。