グルメ

第163回 ジャガイモのピュレ

一雨ごとに秋の深まりを感じる11月。
北海道からは、雪の便りも聞こえはじめました。

今年は、北海道の新じゃが・メークインを 沢山購入して、いろいろなレシピをご紹介しています。

ちょっと続いた感があったので、今回は別の素材とおもったのですが、
フランス人の超大好きな大事なレシピがぬけていたことに気がついました。

それが今回ご紹介する「ポテトのピュレ」。

肉や魚料理はじめなんにでも合う付け合わせの王者!
離乳食にも介護食にも最適な優れものです。

是非お試しください。

RECIPE

フルーツサラダ


材料

(4人分)
ジャガイモ・メークイン3個(400g)
バター        40g
牛乳         150t
塩          適量

  


 
    作り方

  1. ジャガイモは皮をむいて大ぶりに切る。
  2. @をなべに入れジャガイモがかぶる位に水を入れ、
    ひとつまみの塩を入れて火にかける。、
  3. ジャガイモがゆだってフォークをすっとさせるまで
    やわらくなったら粉ふきいもにして水分をとる
  4. 粉ふきいもが熱いうちにフォークなどで、裏ごしし、
    バターを加えてよくまぜ、弱火にかけながら牛乳を少しずつ加え
    なめらかになるまでまぜていく。

    温かいにお召し上がりください。。ボンアペティ!

ほっと一息

ピュレ(フランス語:puree)は、主に野菜もしくは果物の食材を生のまま、あるいは加熱し、 電動ミキサーなどですり潰した後、細かな網状の裏ごし器などを通過させて、 とろみのあるやや滑らかな半液体状にしたものを指します。

トマトピュレやジャガイモのピュレなどで知られています。

トマトピュレは市販のものを使うことが多いですが、ポテトピュレは簡単、美味、応用範囲が広いので、 家庭の味を持つ方が多いよう。

フランスではステーキや煮込み料理の付け合わせの定番ですし、フランス人の大好物 アッシーパルマンティエにも使われています。
フルーツサラダ

離乳食のベースに使われるのですからソウルフードといってもいいでしょう。

日本人にとってのお米はフランス人にとってフランスパンではなく実はジャガイモだと 筆者はにらんでいます。