グルメ

第150回 ソバの実のミックスサラダ

早々秋雨前線に覆われた9月でしたが、
10月も早々台風に見舞われています。

気温のアップダウンが激しいので、体調を崩しがちですが、
免疫力をつけて秋に向かいましょう。

今回のレシピは、最近話題の健康食品そばの実を使ったレシピです。

ダイエットにも効果ありとか。

サラダやサイドディッシュにもおすすめです。

是非お試しください。

RECIPE

フルーツサラダ


材料

(3−4人分)
ソバの実         100g
ミックスビーンズ     1缶
プチトマト        10個
ブロッコリースプラウト 1パック
パセリ          少々 ワインヴィネガー 大匙1
オリーブオイル  大匙1
塩・コショウ   適宜

  


 
    作り方

  1. そばの実を煮る:そばの実は1時間程度水にけておく。
  2. そばの実と水250tを鍋に入れ15分程度ゆでる。
  3. ゆであがったら流水でぬめりがなくなるまでしっかり流し、
    ざるにあげておく。
  4. プチトマトは半分にスプラウトは根部分を大きくとりのぞく。
  5. サラダボールに水を切ったそばの実とミックスビーンズ、
    プチトマト、スプラウト、パセリの粗いミジン切りを混ぜ合わせる。
  6. バルサミコ酢とオリーブオイル、塩・コショウで作った
    ドレッシングをサラダに添える。

    ボナペティ!

ほっと一息

一般に穀物は、イネ科であるのに対し、ソバは、タデ科ソバ属の一年草です。 ソバやキヌア(アカザ科)などは擬穀類とよばれます。

主に製粉して用いられる蕎麦粉は、ソバの実(種実)から殻(果皮)を除き(丸抜き)、 種子の胚乳の部分を粉状にすることで作られています。

こうして作られた蕎麦粉をさらに加工、加熱するとおいしいお蕎麦ができるのですね。 また、フランスなどでは、そば粉のガレットがブルターニュ地方の郷土料理として知られています。

フルーツサラダ

今回のレシピはソバの実から殻を除いた(丸抜き)したものを使っています。

これは、ロシアのお粥や雑炊に当たる、「カーシャ」という料理で使われるものと同じかもしれません。

カーシャは、ロシアの朝食や肉料理の付け合わせなどの定番。

なんと意外にもロシアは蕎麦消費量世界一だそうです。