グルメ

第145回 ベーニェ・スフレ (Begnets souffles)

今年は早々と桜が散り、新緑の美しい頃となりました。

ゴールデンウィークも始まり、心地良い季節の小休止を
楽しんでいる方も多いことでしょう。

そこで、今回は、お子さまからお年寄りまで楽しめる
フランス風フワフワ揚げ菓子、ベーニェ・スフレをご紹介!

おうちに常備している材料で思い立ったらすぐできる、
軽いお菓子です。

是非お試しください。

RECIPE

フルーツサラダ


材料

(14〜15個)
薄力粉      70g
グラニュー糖   7g
卵        2個
バター      35g
塩        ひとつまみ
水        125t
粉砂糖      適宜
サラダ油     適宜

  


 
    作り方

  1. 鍋に塩、砂糖、水、バターを入れて中火にかけ、バターが溶けて、
    水が充分沸騰するまで加熱する。
  2. @をコンロからはずし、一気に薄力粉を加え、木べらでよく混ぜながら、
    まとめてゆく。
  3. 再び、中火にかけ木べらで、混ぜながら、水分をとばす。
  4. Bをボウルに移し、温かいうちに、溶いておいた卵を少しづつ加え
    切るように混ぜてゆき、木べらからゆっくり落ちてくる程度の生地にする。
  5. サラダ油を薄く塗ったティ―スプーンで生地をたっぷりすくい
    160℃の油で、揚げる。
  6. 良く膨らんで、表面がキツネ色になり、中まで火がとおったら
    引き上げ、油をきる。
  7. 器に盛り、粉砂糖をふりかける。 ボナペティ!

ほっと一息

今回のベーニェ・スフレの生地はシュー生地が基本です。
シュー生地を使ったお菓子は、シュークリームがよく知られていますが、
ドイツのブラバント風シューやオランダの揚げシューなども有名です。
揚げシューには、ベーニェ・スフレの他にペ・ド・ノンヌ(尼さんのおなら!)
なんていうおもしろい名の小さいシューもあります。
別名のスピール・ド・ノンヌ(尼さんのため息)の方が素敵ですが。

フルーツサラダ

アイスクリームにそえたり、半分にしてはさんだりするのもおいしいものです。
あっさりと軽い生地ですので、いろいろカスタマイズしてお楽しみくださいね。