特集: flânerie(そぞろ歩き)

京の町歩き:平安神宮神苑(京都・岡崎)



今回のそぞろ歩きは、京都市左京区の岡崎公園に位置する平安神宮。

京都市京セラ美術館などの文化施設が集積する京都の文化ゾーンの中心となっている そのシンボル、朱色の大鳥居が印象的ですね。




ところで、平安神宮とは、平安遷都1100年を記念して、明治28年(1895)に平安遷都を達成した 第50代桓武天皇をご祭神として創建された神社です。

広大な境内に立ち並ぶ朱色の社殿群、古からの造園技術を結集して造られた庭園「神苑」など見所満載!




今回は花の季節前でしたが、岡崎公園や平安神宮は結構訪問しているのですがスルーしてきた神苑を初めて巡ってきましたのでご紹介しましょう。




明治時代の代表的な日本庭園として広く知られている平安神宮神苑は、社殿を取り囲むように東・中・西・南の四つの庭からなっています。

総面積約33,000u(約10,000坪)の広大な池泉回遊式庭園で、明治の有名な造園家7代目小川治兵衛らの作庭。 平安からの造園技法の粋を結集した庭園として、昭和50年12月に国の名勝に指定されています。。

そのエントランスは大極殿の左手のチケット売り場で購入して入場します。




まずは古い車両展示を通り南神苑へと進みます。南神苑は、平安時代の代表的文学書(竹取物語・伊勢物語・ 古今和歌集・枕草子・源氏物語)に登場する草木約180種類を植栽して王朝文学をしのばせる 「平安の庭」が見所です。

枕草子にあやかるカラタチなども植栽されています。




さらに進むとお茶室や西神苑、これからの時節に楽しめる花菖蒲池が現れます。




深い緑の中をさらに進むと中神苑に出ます。中神苑の池には臥龍橋がかかっています。 池の中央を飛び石で渡るデザインが斬新!




渡る方は落下しないようにとの注意と自己責任の立札が。 実際に渡るには勇気がいるデザインです。




さて庭は木立から抜け出し明るい空に向かって開けてゆきます。




東神苑は広い池が景観の中心となり、園路は池に沿って進みます。

ほどなく泰平閣という橋殿が視界に現れ趣のある景観を形創ってゆきます。




明治末期から、大正期にかけてつくられた東神苑は、京都御所から移築された泰平閣や貴賓館・尚美館があり、広大な栖鳳池には 鶴島、亀島の二つの島を配し、その周囲には八重紅枝垂桜をはじめサツキ、 ツバキなど多様な花木が植栽されそれは美しい景観を楽しむことができます。




泰平閣には橋殿内にベンチが設置されていますので、腰をおろして景色を眺める ことができます。




東山を借景とした神苑は明治時代を代表とする見所満載の名庭。四季折々 お立ち寄りになっては?



【DATA】
平安神宮神苑
京都府京都市左京区岡崎西天王町
TEL:075-761-0221
拝観料金: 個人:大人600円、小人300円
神苑拝観時間は季節により変わります 詳細は以下へ https://www.heianjingu.or.jp/index.html