キッズブック 〜Not only for Kids〜

今月の一冊

『怪物園』
junaida 作


屋根には目玉が付き、しっぽや手もでている
立派なしっぽをなびかせ、毛むくじゃらな足で立つ
お城のような形をした「怪物園」。

はるかいにしえの時代から怪物園は
たくさんの怪物たちをのせ長い旅を続けていました。

ある静かな夜、怪物園がうっかり玄関口をあけたままウトウトしている間に 怪物たちが外の世界へと抜け出してしまいました。

怪物たちが街を行進し始めると、子供たちは外で遊べなくなって退屈。

そこで、子どもたちは、空想の世界へ出ることに。

子どもたちの空想の世界とはどんな世界なのでしょう。

どこか懐かしいイラスト、場面構成など工夫満載!

装丁にも凝った、アーティスティックな絵本です。



  


『怪物園』

junaida  作

発行:2020年12月05日 初版発行
定価:本体1800円+税
出版社:福音館書店




<お知らせ>
ママが読んでいて楽しい本、子どもがお気に入りの本なども、こだわりや思い出などのエピソードも添えて、
編集部までお寄せください。
お待ちしています!



読者の声

募集中!